安全性を優先したソーシャルレンディングって???

ソーシャルレンディング投資をするにあたり、とにかく安全性を最優先したいっていう場合、
どういう風に取り組めばいいのか。
俺なりの考えを述べる。

不動産担保を信じない。

そりゃ、無いよりは、あったほうがいいよ、不動産担保は。
ただ、俺が言いたいのは、
担保付ってきくと、なんだか安心・信頼してしまわないかい?ということ。
これが危ないと思う。
極言すれば、
ソーシャルレンディング業者側は、これを狙ってるように思う。
担保付ってしとけば、投資家は安心するでしょ、と。
だから、多少利回りが低くても、投資するでしょ、と。
これじゃあ、ソーシャルレンディング業者のいいかもだからね。
だから、不動産担保っていうだけで、内容を信じたりしない。
常に疑いの目を持つ。
これは、大事なポイントだと思うよ。

分散投資礼賛を疑問視する。

ネットで情報をあさってると、
「ソーシャルレンディングやるなら、とにかく分散!!」
みたいな記事、よく見かけるでしょ?
あれも、俺はどうかと思うねー。

実際、延滞起こしたり、行政処分を受けたりしてるソーシャルレンディング業者って、山ほどあるわけでしょ?
そして、そういうソーシャルレンディング業者に口座を開いて投資しちゃった投資家は、延滞とか貸し倒れにあってるわけで。
逆に言えば、そういう妙なソーシャルレンディング業者に口座を開くような真似さえしなければ、
そういうトラブルに巻き込まれることもなかったわけだよね?

だから、俺の個人的な考えとしては、
「ソーシャルレンディングなら分散投資ありき!」みたいな礼賛説については、
ちょっと、疑問だね。
実際問題として20社も30社も分散投資したら、管理だけでめちゃくちゃ面倒くさいしね。

まー現実問題として、ある程度ファンドの見極めもしながら、妥当に管理ができる限界っていったら、
そうだね、だいたい、5社くらいが限度じゃないの???

1号ものには出資しない。

何が言いたいかって言うと、
要は、ソーシャルレンディングファンドって、結局、シリーズなんだよね。
大手の取り扱ってる、ある程度安定感のあるファンドって、
もう第1号組成から何十回も組成・償還を繰り返してる、シリーズものファンドっていうこと。

そういうシリーズもののファンドの場合、
基本的に(ある程度ちゃんとしたソーシャルレンディング業者なら)、これまで組成されたファンドごとの、満期の実績が、
ちゃんとサイトに掲載されてるわけよ。
だから、そういう実績を見て、
「あー、このファンドシリーズは、危ないなー」
とか、
「お、結構実績しっかりしてるじゃん」
といった判断が、できるわけだよね。

逆に言えば、そういう満期償還実績がない場合、
どうやって判断すんの?と。

その観点からすると、「新シリーズの第1号!」みたいなファンドは、俺は個人的に、あまり好きじゃないね。
数十本単位の実績が記録されて初めて、さて、と検討するようなイメージが妥当だと、俺は思ってる。