ソーシャルレンディングでセミリタイアできる?

ソーシャルレンディングでセミリタイアできたら楽だけど…

誰もが夢見る、セミリタイア。
早めに仕事から引退して、
どこか地方で、もしくは海外で、
なにものにも縛られることなく、ゆっくり過ごしたい…。
そんな理想は、だれしも、持っていることでしょう。
もちろん、俺も例外ではない(笑)

実際問題、セミリタイア中もお金はかかるわけだから、
そのお金を、ソーシャルレンディング投資の収益で稼げれば、らくだ。
要は、配当生活ってことだよね。

そんなこと、可能なのか。
ちょっと考えてみるよ。

セミリタイアに必要な収入は?

どうだろう。
俺の場合、毎月手取りで30万はほしいな。
となると、年間で手取り360万。
税金やいろいろなイレギュラーな出費への備えも考慮すれば、
どうだろう、年間で500万円くらいのソーシャルレンディング分配金があれば、
なんとか、いけるんじゃないか???

ソーシャルレンディングに求める金利は?

これも難しい問題。
年利10パーセントのアグレッシブなファンドでも、
無事に満期償還することはある。
年利5%程度の保守的なファンドでも、
状況によっては、延滞することもあるよね。

とはいえ、虎の子の生活資金を、あまり無茶な金利で回すわけにはいかないから、
そうだね、年利5%くらいで考えようか。

いくらをソーシャルレンディング投資に回せばいい?

年間500万円の収入を、年利5%の金利収入で得たい、という場合、
その必要元本は、1億円だね。
1億円×5%=500万円だからね。
1億円を全部ソーシャルレンデイングに突っ込んで、
かつ、そのファンドがすべてうまく満期償還を迎えてくれれば、
ソーシャルレンデイング投資収益だけで(俺の場合)セミリタイアできそうだね。

問題がいくつか。

まず最大の問題は、1億をどうやって貯めるか、だなー。
1年間で500万円ためても、20年か…(遠い目)。

そして次の問題が、
ソーシャルレンデイング投資のリスクを本当に吸収できるか、だよな。

結論

ソーシャルレンデイング投資収益のみでセミリタイア、というのは、
まず、物理的には、計算上は、別に不可能なことではない。
ただし、ソーシャルレンデイング投資につきもののリスクや、
「そもそも、それだけの元本をどうやって貯めるのか」
という点を考えていくと、
なかなか難しいものがあるな…。