ソーシャルレンディング業者のうち、1万円からスタートできるところは…

悩み無用。1万円からスタートできるとこばかり。

俺の知る限り、日本のソーシャルレンディング業者のほとんどが、1万円からスタートできるようになっている。
それもそのはず。
ソーシャルレンディング、すなわち、融資型「クラウドファンディング」の最大の狙いは、
「クラウド」すなわち、群衆から、資金を集めること。
一部の資本家から資金を出してもらうのではなく、広く一般大衆から資金を募るっているのが、本筋。
それを考えれば、1万円から、というのだって、高いくらいだ。
※実際、1円から出資できるソーシャルレンディング業者、というのも、存在するようです。

ひとまず、本記事では、
1万円からスタートできるソーシャルレンディング業者をいくつか、俺の独断で、ピックアップしておく。

1社目

SBIソーシャルレンディングの主力ファンドである、「不動産担保ローン事業者ファンド」は、いつでも出資できるファンドとして人気だ。
そして、同ファンドの場合、出資は1万円からOK,と設定されている。

  • ちょっとした臨時収入があったり、
  • 逆に、予算していたよりも、何かの買い物が、安く済んだときは、

ぱーっと呑んでしまうのではなくて(飲んでしまうのは俺くらいか)、
ちょこちょこ投資に回すような精神構造を、俺も早く確立したいもんだ。

2社目

オーナーズブックも、1万円からスタートできるね。
ただし、実際問題として、オーナーズブックの場合、たとえ100円からスタートできる、といわれても、全然「気軽に投資」できる印象が無い。
それはひとえに、
オーナーズブックならではの、クリック合戦のせいだろうね。
というか、ファンド数が少なすぎるのかな?
それとも何か他に人気の理由があるのか?
とにかく、オーナーズブックがファンドの資金募集を開始するときは、
クリック合戦がまじでやばい。
俺も何度も投資申込に失敗してる。
これは、気を付けてほしいね。

クラウドクレジット

いろんな海外案件に投資できる、クラウドクレジットも、
同じく、1万円からスタートできるように各ファンドを設定してくれてる。
よく考えれば、
ヨーロッパの貸金業者あてに、1万円から、資金融資、なんて、
ソーシャルレンディングの仕組みがなかったら、絶対に不可能だよね…。
それを考えると、やっぱ、ソーシャルレンディングって、すごい仕組みなんだろうね。

Others

実際、ここにあげた数社以外にも、1万円からスタートできるソーシャルレンディング業者は、山ほどある。
逆に、1万円からではスタート「できない」ソーシャルレンディング業者って、少数派よ。
とにかく、小さな資金からちょこっとスタートできること。
これは確かに、ソーシャルレンディングならではの魅力のひとつだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です